医師

デスクワークは姿勢が大事┃頸部脊柱管狭窄症は現代病

第4の治療

カルテ

この治療法の豆知識

皆さんは免疫療法という新しいがんの治療法をご存知ですか。免疫療法は近年、がん治療における第4の治療として注目されている新しい治療法です。これまで、がんの治療と言えば手術や抗がん剤、放射線などとのような外部からの圧力を用いていました。しかし、免疫療法が開発されたことでがんの治療方法がより幅広くなり患者の選択する余地も広がりました。また、免疫療法を唱える医師の多くは自分の親族や知人、さらには自分自身が免疫療法を利用した経験を持っています。自分自身の経験から患者に薦めているのでより安心することが出来ます。しかし、免疫療法は高度な先進的医療であるため健康保険などが効かず治療費が高額になってしまいますので知っておいてください。

どのような治療を行うのか

免疫療法は、従来の治療法と違って体内の免疫細胞を活かすことでがんに対抗することが特徴です。例として、樹状細胞ワクチンを体内に注入することがあります。これは、樹状細胞という神経に情報を伝達する役目を担う要素を体内に注入することによって免疫力を高めることが出来ます。また、オプジーボやキートルーダという物質を注射することもあります。これはがん細胞を攻撃する細胞に効果があり、本来の攻撃力を取り戻させる効果があります。これらの注射は、両方服用することによってより効果が発揮されます。また、免疫療法には副作用が少ないことも特徴です。抗がん剤などを服用すると副作用が発生して苦しんでしまうことが多いです。免疫療法は今までのがん治療とは異なる点がたくさんあるところに特徴があります。