医師

デスクワークは姿勢が大事┃頸部脊柱管狭窄症は現代病

副作用の少ない治療法です

医師と患者

免疫療法の一種です

近年注目されているがん治療法に「免疫療法」というものがあります。これは患者の体内に備わっている免疫システムを強化することでがん細胞を攻撃させるという治療法で、患者の細胞を利用するため副作用が少ないというメリットを持っています。また、他のがん治療法と併用することもできるため、がんの進行を食い止めたり、手術後の再発防止に利用するなど様々な場面で活躍することが期待されています。免疫療法にはNK細胞療法や活性化自己リンパ球療法、樹状細胞療法などがあります。この中で樹状細胞療法は特定のがん細胞のみをターゲットにできる治療法です。免疫療法の中でも第4世代の「特異的免疫療法」に分類される比較的新しい治療法です。

がん細胞の目印を伝える

樹状細胞療法に利用される樹状細胞とは体内の免疫システムの中で司令塔の役割を果たしている細胞です。樹状細胞は体内に異物が入ってくるとその異物を取り込み、異物の特徴をリンパ球に知らせます。特徴を教えられたリンパ球が異物を攻撃します。この働きはがん細胞に対しても機能し、がん治療に応用したのが樹状細胞療法です。まず患者の樹状細胞を血液から取り出し、攻撃したいがんの目印を与えてから体内に戻します。体内に戻った樹状細胞ががんの目印をリンパ球に伝え、リンパ球ががん細胞を攻撃します。これはインフルエンザなどで用いられるワクチンと同じような仕組みのため、樹状細胞ワクチン療法とも呼ばれます。がんの目印は樹状細胞に記憶されます。そのため樹状細胞療法は効果が長期間持続するという特徴があります。また副作用が少なく、生活の質もあまり落とさずにがんを治療することが可能です。