医師

デスクワークは姿勢が大事┃頸部脊柱管狭窄症は現代病

地域に安心をもたらす

病室

生活習慣病から

人工透析とは、機能しなくなった腎臓の働きを補い、全身の血液を入れ替える行為です。人工透析には、かなりの日数と時間が取られるなど、自身の健康面以外でも生活に大きな影響を及ぼします。人工透析に至るまでの経緯としては、身体の状態によって様々ですが糖尿病や高血圧による腎臓の機能低下などが多く、いわゆる生活習慣病というものが、透析をしなくてはならない状況を作り出してしまっているのです。世田谷区など地域を問わず東京都内や全国的にも透析を必要とする人が増えています。大切な事は、そのような状態にまで病状悪化させないこと、あるいは日々の生活習慣等を改め生活習慣病と呼ばれる病に罹患しないように努力することが1番大切です。

年中無休の医療機関

一度人工透析をすると、そこから抜け出すのは大変困難です。しかし、生活習慣等を改めることで症状が好転すれば、その回数を減らす事は不可能ではありません。現在、世田谷区でも3日に1度や2日に1度という頻度で透析を必要とする人もいるため、世田谷区内には人工透析専門の外来医療機関等も整備されています。全身の血液を入れ替える処置をしなければならないので、カレンダー通りの休みでは身体が持たなくなってしまいます。そのため、世田谷区の透析クリニック等は、外来医療機関であっても365日稼働しています。このように、様々な理由で処置を受けなければならない人たちにとって、地域の医療機関として透析できるクリニックが歩ということは生活の中に大きな安心をもたらしています。